HOME > Column > アーカイブ > 幼稚園だより

Column 幼稚園だより

7月の幼稚園だより


									
 教室に色とりどりのプールバックが用意されたとたん、待っていましたとばかりに暑い日もやってきました。
Water playの始まりです。
ミストのように優しい水、雨のように降ってくる水、くるくると回る曲線が生きているように見える水、色々な水を触ります。
ある子は手を差し出して、静かに感触を確かめ、ある子は歓声をあげて、大はしゃぎ。ある子は濡れようか、どうしようかとウロウロした後、「えい!」とばかりにお水にグイッと近づきます。
 
 子どもたちが覚悟を決める瞬間、それはそれは素敵な表情を見せてくれます。
まだ濡れていない彼らの中で「お水、触ってみたいな」「冷たいかな」「濡れちゃっていいのかな?」「ドキドキするなぁ」といろんな思いが駆け巡るのです。
そして、本人の意思がその子を突き動かし、「えい!」と思い切りよく水に飛び込むその瞬間、なんとも言えない満面の笑みが顔中に広がります。
自然と「ひゃー」「きゃー」と声が出るお友だちもたくさんいます。
今まであれやこれやと思いを巡らせていたことは一気に吹っ飛んでしまい、心が解放される瞬間です。
その横顔をみていると、ああ、なんて素敵なんだろうと、うっとりします。
”You made a good choice! Good job!”と声をかけたくなります。
 
 ダイナミックにwater playを楽しんだ後、全身が濡れて体に張り付いた服を着替えるのは至難の技ですが、どのお友だちもCaterpillarさんからButterflyさんへ成長する中で、だんだん自分でできるようになっていきます。
彼らと一緒に生活する中で、慣れないことに戸惑い、躊躇している様子が見られる時、濡れたら着替えれば良い、転んだら起き上がれば良い、汚れたら洗えば良い、失敗してもやり直せる、と小さな出来事一つひとつにエールを送ります。
自分自身の感情に素直に、そして思い切って決断をし、行動できるようになってもらいたい。そして飛び込んだ先でたくさんの感動を体験してもらいたい。
そう願います。

6月の幼稚園だより


									
毎日の園庭遊びで、子どもたちの手を見ていると、面白い世界が広がります。
 大きな石をそうっと持ち上げて、そこに見つけたダンゴムシを愛おしそうにつまみあげ、手のひらで散歩させている女の子。
その横から人差し指一本を出して軽〜くタッチをして引っ込め、全身に電気が走ったかのようにプルプルしながらケラケラ笑い出す子。
 男の子の小さな手に引かれて一本の木の近くへ行き、彼が幹を指差すので見てみると、アリの行列が上へ下へと動いています。
「なんだ?」「どして?」「どこに?」せかせかと歩いているアリを見て、溢れ出る疑問をアリに向かって忙しくささやいています。
落ち葉を手に取り、アリの通り道にそっとそえて、アリを一匹でも乗せてみようとしている間、アリたちの声を聞こうと一生懸命耳をすませているかのようでした。
 
ガチャポンプのハンドルを握る子の手はグッと力を入れて下ろします。
その度に「どれだけ水が出て来るかな?」と期待をしているのがよくわかります。
ところが、1回おろしても水が出てこず、2回、3回と上げ下げしても出てこない時があります。
「どうしてだろう?」と思っている間に、手を洗いにきたButterfly さんが”Excuse me!”とやってきて、力強くハンドルを握り、リズム良く上下させると、あっという間に水が吹き出して来ます。
「ああ、そうやるんだな」と納得顔。改めて自分の手でハンドルを握り、早いリズムで上下させてみると、自分でもびっくりするほど水が出てきて、顔中で笑い出します。
 
人間の手は、大昔から好奇心と共に文化や文明を編み出してきました。
園庭で子どもたちの手を見ていると、「なるほど」と思います。
自分で楽しいことを見つけ、チャレンジしていく精神の持ち主の手。
これから先、何を見つけ、何を創造していく手に成長するのでしょう。
楽しみです。
そして、今だから握らせてくれるその手をとれる幸せを忘れないようにしたいと思います。

5月の幼稚園だより


									
新年度が始まり、こんな出来事がありました。
トイレの用事を終えた新CocoonさんがCaterpillar Orangeのお部屋に続くドアを開けて、3秒後にゆっくりと閉めて今の教室に向かっていきます。
担任だったMarikoの姿はなくRachelがいる。
更に、以前のクラスメイトの姿がない事に「いったいこれはどういう事だ?
……そうだ! ぼくの教室はここではなくなったのだ!」と頭の中で思いが巡る3秒間です。
自分の目で確認して、扉を閉め、確かな足取りで今の教室へ向かう後ろ姿を見ていると、彼が「ぼくは行くべき場所を知っているんだ」と、納得している事がよくわかります。
ただ、その時は納得していても、その後もつい前年度と同じ扉を開けて、同じように3秒後に閉めることが何度か続く子もいるようです。 
 
また、新Butterfly さんがお外遊びに行く際、一瞬、昨年度の自分のshoes boxの前で膝を曲げ、次の瞬間ハッとして、今年度のshoes boxを探しに立ち上がる事があります。
新Caterpillar さんがPre School 時代に使っていたshoes 置き場に自分の靴を置きそうになり、先生たちに、”You have your own place over there.”と声をかけられ、「そうだった!」という表情で奥の靴箱に向かう姿もあります。
そう。どのクラスでも、子どもたちも先生たちも、新しいルーティーンに慣れるためには、時間が必要なのです。
 
「慣れる」の「慣」の漢字には、「時間的につながる、続く状態、心に積み重ねる」などという意味があります。
プリスクールからCaterpillarへ、CaterpillarからCocoonへ、CocoonからButterflyへ。
新しい年度も、子ども達は一つひとつの事をじっくりと楽しみながら積み重ねていきます。
今年度も、「ご家庭とKCKのチーム」で子ども達の成長を一緒に喜びながら、楽しんでサポートしていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします!

4月の幼稚園だより


									
 “Rock, Scissors, Paper, 1, 2, 3!(じゃんけんぽん!)”
じゃんけんをする二人のCocoonさんがいました。
勝つと、“Thank you!”と言いながら、木製のブロックを一つ負けた方からもらっています。
負けた方は、持っていかれるブロックを見送りながら、“Oh, no!”と大げさに頭を両手で覆っていたり、取られまいとブロックの周りを腕でガードしてみたりと忙しいそうです。
もちろん、じゃんけんですから、勝ったり負けたり、勝ち続ける時も、負け続ける時もあるし、あいこの時もあります。
その度に表情をコロコロ変えながら飽きる事なく延々とじゃんけんをしているのです。
やっている自分たちの気持ちが上がったり下がったりするのが面白くなってきて、ケラケラ笑いながら更にオーバーにリアクションをしています。
 
 この二人、実はとても負けず嫌いな面があり、勝負事で負けると地団駄踏んで悔しがる、あるいは “One more time! One more time!(もう一回!もう一回!)”と繰り返し訴えてくる事もあるのです。
二人とも特に仲が良いわけではなく、たまたまこの時は遊びの流れでじゃんけんをする事にハマってしまい、こんな愉快な時間を過ごしていたのです。
 
 じゃんけんという遊びは、とてもシンプルです。
けれどもそれを楽しめるには、いくつもの必要な能力があるように思います。
自分の指を正確にコントロールできる事、リズムに合わせて自分の手を出せる事、勝敗を正確に判別できる事、そしてどんな結果になったとしてもある程度感情をポジティブに保てる事。
目の前で愉快にじゃんけん合戦をしている二人の笑顔を見ていると、彼らの心の成長が見られ、「いつの間にこんなに成長していたんだろう、、、」と感心せずにはいられませんでした。
勝っても負けてもケラケラ笑う彼らは、勝つ時もあれば負ける時もあるという人生の大切な教訓を学んでいるようにも見えました。 
 
 2024年度も、子どもたちを信じて私たちは歩み始めます。

3月の幼稚園だより


									
 2月のある日、園庭に出た子どもたちがしゃがみ込んで熱心に地面を観察していました。
“Wow! It’s so cold!”“It’s melting!” “So soft!” “It’s ice!”と声をあげながら、ある子は指先でつつき、ある子はつまみあげ、ある子はお鍋に集めようとしています。
そう。彼らが夢中になっているのは霜柱。
夜間の冷え込みで、地表部分が凍り、その凍りついた層のすぐ下に地面の水分が凍りついていくうちに、あの神秘的な繊細な霜柱ができていくそうです。
ニョキッと生えた氷のようにも見える霜柱は、園庭の木陰のそこかしこに広がっています。

 霜柱が見られるには、いくつかの条件が満たされる必要があるらしいです。
まず一つは地中に適度な水分がある事。地面が踏み固められすぎていない事。そして、地表だけでなく、土の中の温度も0℃以下になる事。
それから、土の粒子の大きさが大きすぎず細かすぎない事。
関東地方の赤土は、粒子の大きさが霜柱ができるのにパーフェクトな大きさなのだそうです。
一つひとつの条件が重なった時、霜柱が出来上がり、しかも子どもたちのお外遊びの時間まで日陰になっているエリアにだけ残っているのです。
大自然が見せてくれる奇跡とでも言いましょうか。

 気をつけて見回すと、私たちの日常には、奇跡が溢れています。
もし、一つでも違う選択をしていたら、決して見ることが叶わなかった風景、あるいは知らなかった事実。
もし、あの日、あの時、違う天候だったら、実現できなかっただろう行事ごと。
もし、あの人に、あの時、出会っていなかったら、今の自分はなかっただろうという出会い。
私たちがKCKで子どもたちと過ごせた1日1日が、そして一瞬一瞬が奇跡の連続です。 

 “Look! I’m gonna make ice soup!” 無邪気な笑顔でお鍋に入れた霜柱コレクションを差し出して見せてくれたButterflyさんがいました。
この広い宇宙の中で君と出会えた奇跡に感謝。
大自然の奇跡を大いに喜び、自分流の楽しみ方を編みだせるしなやかな心に乾杯。
そして、卒園おめでとう。

2月の幼稚園だより


									
Winter Holidayが終わった最初の登園日。
“Good morning, Erish! I go to Disney Land!” “Oh, you WENT to Disney Land? Nice!”
“Erish, I eat mochi!” “Oh, you ATE RICE CAKES?” “Yes, rice cakes. I eat a lot!” 
教室に入るとお休み中、自分が何をしたか、どこに行ったか、口々に教えてくれる子どもたちの姿がありました。
彼らの英語は、現在形や過去形、日本語、英語、何もかもがごちゃごちゃと混ざっていて、「正しい英語」というわけではありません。
でも、「伝えたい!」という気持ちが抑えられず、次々と口から出てきます。
先生は伝わってきた情報を頼りに、英語をさりげなく訂正しつつ最高の笑顔でその思い全てを受け止めてくれます。
中には先生が訂正してくれた言葉をリピートする子もいますが、ほとんどの子どもたちはその流れの中でおしゃべりを続けます。
 
人とつながる時に一生懸命自分で知っている言葉を使って説明する、あるいは不完全な自分をそのまま公に出せる大胆さは子どもたちがこの先の人生を生きていく上で、大切なスピリットであるに違いありません。
そのスピリットはいかにして育まれるか?
人間は赤ちゃんや幼児であろうと、大人であろうと、自分の話を聞いてくれる相手が、必ず自分の言葉をしっかり受け止めてくれる、そして「愛」のある言葉を返してくれると信じられる時、信頼関係が生まれます。
そのゆるぎない信頼関係の中に身をおける事で、自分自身を信じる気持ちと世の中を信じる気持ち両方が育まれていきます。
だからこそ相手と繋がりたい。繋がるためには「How(どのように体裁を整えるか)」ではなく、「What(何を言いたいか、したいか)」に安心して集中できるようになるのではないでしょうか。
春から夏、秋、そして冬、長い時間を共に過ごし、わくわくドキドキを一緒に体験してきた中で育まれた信頼関係が、今、確かにあることを感じます。こんなに嬉しいことはありません。

1月の幼稚園だより


									
ある日のお外遊びの時間、縄跳びに初めて挑戦するお友だちがいました。
縄跳びの片方を木の幹に縛りつけ、もう片方を持って回してあげます。
“Ready, set, go!”のかけ声で縄が自分の上に上がったかと思うとあっという間に下がって来る様子にあっけにとられ、足がすくんでしまいました。
まるで、「え? こんな縄をどうやって跳ぶんだ?」とでも言いたげな顔です。 
“Let’s try one more time!” と励ますと、次は、タイミングは遅いもののぴょこんと一跳びできました。
一旦、列の後ろに並び直し、他の子が跳ぶ様子を見て、自分の番が来たら再び挑戦していました。
その後、何度も繰り返し、挑戦しているうちに、少しずつコツをつかみ、初めて一回跳べた瞬間、 「え!? 跳べた!?」という、驚きと喜びが混ざった、とっても素敵な表情が浮かんだのです。
 “Good job! Supper good job!” と一緒に大喜びしました。
 
ふと見ると、昨年、Butterflyさんにまじって跳び始めていたCocoonさんが今年は自分がButterflyさんになり、一年前よりはるかに多い回数を、軽々と跳べるようになっています。
体が成長したのは言うまでもありませんが、外側からは見えない精神面の成長も感じられる跳びっぷりです。
跳べるだけではありません。
きちんと一列に並んで順番を待つ事も、守れるようになっています。
そして、楽しそうに跳ぶ彼らを憧れの目で見つめるCocoonさんとCaterpillarさん。
このようなひと時に、彼らの胸の中で「ぼくも/わたしも跳んでみたい!」という思いのエンジンがかかりはじめているのです。
そんな、内側で静かにかかるエンジンこそが私たちKCKのスタッフが大切に育てていきたい、好奇心や行動力、そして想像力につながるものに思えてなりません。
 
もうすぐ、2024年がやって来ます。
新たな一年も子どもたちと過ごす時間の中で、彼らの内側から少しでも多くの「やってみたい!」「知りたい!」という思いが湧き起こるよう、日々接して参りたいと思っております。
Have a wonderful holidays!

12月の幼稚園だより


									
秋休み明けのCocoonクラスでの事です。
その日はjournal notebookに秋休みの思い出を書くアクティビティに取り組んでいました。
ふと見ると、タイトルの“Autumn Break”を書く途中で筆が止まってしまっている子がいました。
どうやら、“Autu”までは一人で書けたのですが、タイトルのスペースに収まらなくなってしまった様子。
困った様子の彼女に“Do you need help?”と声をかけると、“Yes!”と明るい笑顔でお返事をくれました。
周りの余白を使うと収まりそうでしたので、“Look. We have more space here. Don’t worry. I can help you writing.(ほら、ここにもスペースあるし、サポートするから大丈夫だよ!)”と言い、彼女の手に私の手を添えてタイトルの残りを書き終えました。
その後、彼女は家族と一緒に釣りに行った絵を楽しそうに描き始めました。
まさに水を得た魚のような勢いで、ぐいぐいと鉛筆で描き進めていきます。
そして“This is my Daddy. This is fish. Fish, fish, fish!(これがパパ。これが魚。これも、これも、これも、魚、魚、魚!)” 
絵を書き終え、文字を書く段になって、彼女は“I want to write ‘Fish’! How do I write’Fish’?(魚って書きたい。「魚」ってどうやって書くの?)”と満面の笑みで聞いてきます。
私がメモ用紙に綴りを書いてあげると、一文字一文字、丁寧に書き上げ、その右横にもう一尾、魚を描き添えていました。
彼女がこんなに喜んで描き、文字を綴るのを始めて見ました。
更に驚いたことに、彼女の隣に座っていたお友だちが、“How do I write ‘cloud’? “How do I write ‘sunny’?” “ How do I write ‘car’?” と次々に自分が綴りたい単語を聞いてきたのです。
「書きたい!」と思う気持ちが子どもたちの中で渦巻き、それがエンジンとなって文字が綴られる空間は、なんとも言えない素敵な空気が満ちていました。
4月には考えられなかった成長を感じたうれしいひと時でした。
KCKでの生活の中で「お友達と一緒に楽しんで書き(描き)、書く(描く)ことの喜びを感じる」体験を積み重ねていく事によって、自分を表現する術を身につけていってもらいたいと願わずにいられません。

11月の幼稚園だより


									
小学一年生で漢字を習った時、「『人』という字は人と人が支え合っている様子を表している」と聞いたのを覚えています。
人は一人では生きていけない、お互いに関わりを持ちながら生きる生命だということです。
人と人が関わりを持つ時、言葉はその基本となるものだと考えます。 
 
KCKに通う子どもたちは、言葉が出る前、言葉が出始める、そして言葉を使いこなすようになる、そんな段階にある、と言えるでしょう。
Caterpillarクラスでは、言葉より行動で気持ちを表現する子も少なくありません。
Cocoon、Butterflyクラスと年齢が上がっていくうちに、英語、または日本語で自分の内面を表現できるようになっていきます。
お返事一つにしても、先生が質問することに、首を縦に振ったり、横に振ったり、傾けたりしているだけの状態から、 “Yes.” “No.” “I don’t know.”などと、言葉で表現できるようになっていきます。
 
先日、Cocoonさんのお友だちとお話していました。
というより、気がついたら、私が一方的に言葉をかけ、そのお友だちは目もあわせず、じっと聞き、うなずいたり、首を左右に振るだけの状態でした。
それもそのはず。
その子が怒られているシーンだったからです。
何を聞いても黙ったまま。
まるでこちらが根を上げるのを待っているかにようにも感じるほどでした。
日本語でも英語でも同じリアクションです。
私は、ふと、「今日は朝ごはん食べてきたの? Did you eat breakfast today?」と聞きました。
こくりとうなずいたその子に、「YesそれともNo?」と聞くと、かすれた声で “Yes”とお返事してくれました。
”Thank you! I’m so glad to hear your voice. What did you eat for breakfast?(ありがとう! 声を聞かせてくれて嬉しいなあ。朝ごはんは何を食べたの?)”と続いて聞きました。
この質問には、ちょっとハードルが高く感じたのか、首を傾げて黙ってしまったので、 “Did you eat bread? Did you eat rice? Did you eat UDON? Did you eat ice cream? Did you eat popcorn?(パン食べたの? ご飯? うどん? アイスクリーム? ポップコーン?)」などと聞いていきました。
一つひとつに明確なお返事がないので、もう一度 “Yes, or No?”と聞いて同じ質問をゆっくりと繰り返します。
アイスクリームやポップコーンあたりになると、声のかすれもとれ、はっきりと “No”というようになっていました。
しばらくそんな調子で本題とは違う話題で問いかけをし、言葉でお返事をしてもらった後、本題に戻ると、言葉少なではありますが、自分がやってしまった過ちを語ってくれました。
私は「あー、そういうことか。ありがとうね。言葉で教えてくれて嬉しいよ。教えてくれてとっても助かった」と身体中をゴシゴシしながら伝えました。
 
同じお友だちが、次の日も私と一対一でお話しする場面がありました。
その日も同じように首の振り方で返事をしようとしましたが、前日より早く、本人が言葉で話そうとつとめはじめました。
そして、その次の日の朝、私は目を疑いました。その子の表情が2、3倍明るいのです。
いつも伏し目がちだったのが、真っ直ぐに私の目を見て、 “Good morning!”と言いながら笑っているのです。
 
言葉を用いて他者と繋がることを覚えると、人はこんなにも喜びを感じ、前向きに生きられるんだ、と教えられた3日間でした。
親子や家族間だと、お互いに察することができてしまうため、指差しや眼差しなど言葉を使わないコミュニケーションで済ませてしまうことも多くあります。
でも、少し丁寧に言葉で関わりを持つように促すると、子どもたちが変わってくるはずです。
日本語でも英語でも「言葉」を使うよう、明るく励まし、そしてたくさん褒めてあげてあげて下さい。
きっと今までとは違う成長を見せてくれるはずです。
 「人」として生きるために必要不可欠な「言葉」を使ったコミュニケーション能力を、ご家庭でも園生活でも大切にし、一緒に育んでいきましょう。

10月の幼稚園だより


									
 KCKのSports Dayのねらいは、体を動かす喜びを目一杯体験すること。
舞台は、里山を再現した、KCKの園庭です。
初めてご参加される保護者の皆さまからは、「え?真ん中に山が二つもあるけど、どこでやるんですか?」という質問を受けることがあります。
「ここです。園庭全部を使います。お祭りみたいで楽しいですよ」とお返事します。
 
日本でイメージされる運動会は、平坦な園庭に作られたトラックの周り、あるいはその内側で競技をし、その外側から家族が応援するのが一般的なものでしょう。
KCKのSports Dayは、そんな常識に縛られません。
かけっこや親子競技など、直線コースが必要なものは、山の間の長い直線を利用します。
ButterflyさんとCocoonさんが参加するリレーのコースは両方の山を利用したしずく型の2コースで行われます。
そして、ダンスは山の間の短い直線が舞台となります。
 
競技会場が変化するときに、応援のご家族の皆さまにご移動をお願いします。
すると、皆さん足元に気をつけつつ、移動してくださいます。
日本の一般的な運動会のようにゴザやイスに座って観客席から応援している場合ではありません。
「これからはじまる競技のために、みんなで場所をあけよう」「次の出番の子どもたちのご家族が観やすいように最前列を譲ろう」と率先して移動、あるいは譲り合って下さる保護者の皆さまの優しさと温かさが本当に素敵です。
保護者の皆様がおおらかな気持ちで楽しんで下さるからこそ、KCKの子どもたちはSports Dayを思う存分楽しむ事ができるのだと思います。
 
コロナ禍で、開催体制を工夫した年が続きましたが、今年は、全クラス同時開催体制に戻ります。
今回は初めて6クラスの保護者の皆さまを同時にお招きする予定です。
当日、子どもたちと最高に楽しめる一日になるよう、スタッフが一丸となって愛をこめて準備中です。
お天気に恵まれますように。

123

メインページ | アーカイブ

無料体験お問い合わせ