HOME > Column > アーカイブ > 2022年7月

Column 2022年7月

8月の幼稚園だより

夏休み直前のある日、お外遊びでplayground に出ていた時の事です。
一人のCocoon さんが両手を広げ、キョロキョロと見上げながら近づいてきてこう聞きました。
“What’s this sound?” 一瞬、何のsound(音)の事か、こちらも耳を澄ませると……わかりました。
セミの鳴き声です。
一日前までは、一匹も鳴いていなかったのに、その日、突然ジーーーッというセミの声がplaygroundの木々から響きはじめたのです。
そのsoundたるや、空気の温度、湿度が一気にあがったかのように感じられるほどです。
“Oh, this is the sound of cicadas.”
“Cicadas?”
今度はCicadaとはなんぞやが知りたくなってきた様子。
キョロキョロとあちこちの木の枝を見上げて、一匹のセミをみつけました。
アブラゼミより一回り小さく、透明の羽のそのセミは、木の肌と良く似ていて、気をつけなければ見過ごしてしまいそうなの存在です。
“There! Can you see?”
指差して、一緒に木を見上げました。
 
セミの幼虫は7年ほど地中で過ごすと聞いた事があります。
(種類によっては数年、あるいは10年以上、幼虫のものもいるようです。)
木の幹にとまってジーーーッと鳴いているセミたちは成虫で、地上に出て7日ほどで命がなくなるとも聞きました。
園庭で見つけたセミを見上げながら、「7年前、私はどこでなにをしていただろう?」ふと考えて、気がつきました。
一緒に見上げているCocoonさんはこのセミよりも後に命をあたえられたのだ、と。
私たちには見えていなくても刻々と変化していくものの中には、激しい気象変動やウイルス等、人間がおびえずにはいられないものもありますが、そのたくましさ、美しさに息をのむほどの驚きを与えてくれるものもあります。
大自然の時間の流れの中で、私たち人間がどう生きるか、問われているように感じました。
7年後、私たちはどこで、どのように時を過ごしているのでしょうか?

1

« 2022年6月 | メインページ | アーカイブ

無料体験お問い合わせ