HOME > Column > アーカイブ > 2023年1月

Column 2023年1月

2月の幼稚園だより


											
“OK, let’s get ready to play outside!(お外遊びの準備をしよう!)”
これは、KCKのお友だちが大好きな言葉です。
温かい時期はcolor hatをかぶり、bottleを肩から斜めがけにすると準備完了。
準備ができたお友だちから一列に並びはじめます。
寒い時期は、bottleを持つ前にjacketを着ます。
早く遊びに出たい焦りのためか、jacketを着るのを嫌がる子、焦りながら羽織ったjacketがなぜか上下逆になってしまい、チャックが行方不明になっている子、袖が裏返しになってしまって途方に暮れている子、そしてジッパーが閉められなくて助けを求める子、色々な様子が見られるひと時です。
”I can’t! I can’t!”の大合唱になりかねないこの時こそ、チャレンジのチャンスです。
 
こんな時、Aikoは”You can try together! Let’s do it together!(一緒にやってみようよ。一緒にチャレンジしようよ。)”と、自分の上着のジッパーを外し、子どもたちの正面に立ちます。
”Step 1! You can pull this one ALL the way down, and put them together.(ステップその1! ここをいちば〜ん下まで下げて、ぴったんこにくっつけます)”, 
“Step 2! You can put this inside, and go ALL the way down to the end! (ステップその2! こっち側のこれを中に入れて、いちば〜ん下まですと〜んと下げるよ)”, 
“Step 3! Make sure you have everything straight.(ステップその3! 全部をピーンとまっすぐにするよ)”, 
“Step 4! You can zip up, up, up! See? You can do it! (ステップその4! 上へまいりま〜す! ほ〜ら、できました!)
自分のジッパーでゆっくりと実演しながら、説明してくれるAikoの手元を見る子どもたちの目は、真剣そのもの。
教えてもらってすぐにできた子にとっては、”Look, Aiko! I can do it!”と、満面の笑みを浮かべ、自分の手で出来た事に感動、興奮する瞬間です。
運悪く布地がかんでしまい、ジッパーが上がらなくなったり、そもそものスタートポイントが整えられなかったりして、その時に自分で出来なくても大丈夫。
毎日繰り返すうちに、先生やお友達から教えてもらったり、真似をしてみたりしているうちに、出来た!という瞬間がきます。
その後も失敗と成功を繰り返す中で、自分の指先でコツをみいだし、徐々に出来るようになります。
 
“I can’t!”が “I can do it!”に変わる、きらりと光る瞬間を、2023年もたくさん経験してもらいたい。
そんな思いで、寄り添っていきたいものです。

1

« 2022年12月 | メインページ | アーカイブ

無料体験お問い合わせ